たけしの家庭の医学。体の中の靴ひもテロメア。8月22日テレビ朝日たけしの家庭の医学。体の中の靴ひもテロメア。8月22日テレビ朝日

8月22日放送の「たけしの家庭の医学」で体の中の靴ひも「テロメア」が特集されました。病を防ぎ寿命を延ばす最新情報!重要キーワード=「体の中の靴ひも」とは?世界が注目!「体の中の靴ひも、テロメア」とは?テロメアを長く保つ方法とは?放送内容をまとめました。




たけしの家庭の医学。体の中の靴ひもとはテロメア?8月22日テレビ朝日


※http://blog.livedoor.jp/xcrex/tag/%E3%83%86%E3%83%…より引用

赤い部分がテロメアです。

体内の靴ひも「テロメア」とは加齢と共に短くなる⇒様々な病、寿命に深く関係していて、テロメアを長く保つことが、ガンの予防、動脈硬化の予防、認知症の予防が期待されているということです。

たけしの家庭の医学。体の中の靴ひもテロメアを長く保つには?8月22日テレビ朝日

8月22日放送の「たけしの家庭の医学」では、生活の中であることをするとテロメアが短くなることを予防できる。最先端の医療情報が紹介されました。




たけしの家庭の医学。体の中の靴ひもテロメア。8月22日テレビ朝日

テロメアの長さには個人差があります。物事の考え方、受け止め方でテロメアの長さが変わってくるのです。

物事をネガティブに捉えるか、ポジティブに捉えるか?

ネガティブに捉えがちな人はテロメアを短くする可能性がある。

中でも危険なのは、「物事が起きていないのに悪い未来を悲観してしまう」ネガティブ思考。

つまり悲観的な考えを持つ人ほど、ストレスを長く感じ、テロメアを短くしてしまうそうです。

たけしの家庭の医学。体の中の靴ひもテロメア。ポジティブとネガティブの長さの違いは?8月22日テレビ朝日

血液検査でテロメアの長さを計ると、ポジティブ思考の人と、危険なネガティブ思考の人のテロメアの長さに大きな差が。

ポジティブ思考の人は、同年代の平均値をクリア、ネガティブ思考の人は平均値を下回ったのです。

ネガティブ思考の人でもテロメアの短くなるスピードを緩める方法が分かってきました。

たけしの家庭の医学。体の中の靴ひもテロメア。マインドフルネスとは?8月22日テレビ朝日

テロメアの長さを保つ最新の方法とは、「マインドフルネス」

ビジネス界、スポーツ界でも取り入れられていて、世界的にその効果が認められつつあります。

マインドフルネスの方法とは、「自分の呼吸を聞く」こと。難しい呼吸法ではありません。

ラブレツキー博士推奨の方法は、

1.背筋をまっすぐに座る

2.目を閉じる

3.手は楽な姿勢

4.普段どおりに呼吸する(深呼吸の必要はない)

5.呼吸の音を聞く(呼吸に意識を集中)

6.3分間行なう。

番組では、「マインドフルネス」を毎日複数回行なうことが推奨し、これによってストレスを減らすことが期待できるとしています。

現在(「呼吸をしている」)に集中するクセをつけることで、ネガティブな「過去」「未来」を押し流し、ストレスを軽減することができるそうです。

たけしの家庭の医学。体の中の靴ひもテロメア。マインドフルネス検証。8月22日テレビ朝日

「たけしの家庭の医学」では、番組独自にマインドフルネスの効果を検証。

リラックス状態:交感神経<副交感神経

テロメアが同年代平均よりも短い被験者は常にストレス状態:交感神経>副交感神経を感じていました。

番組では、マインドフルネスを6日間行なった場合にストレスをどれだけ減らせるのか?について検証。

検証後は、リラックス状態:交感神経<副交感神経に。

番組では、マインドフルネスがストレスの軽減に効果があると実証。テロメアの長さを保つためには、毎日マインドフルネスを実践することがオススメとしています。