ヒルナンデス!鉄道博物館8月25日日テレヒルナンデス!鉄道博物館8月25日日テレ

8月25日放送の「ヒルナンデス!」で鉄道博物館が紹介されました!
親子で楽しめる夏休みの人気スポット! 鉄道博物館の立ち入り禁止エリアに潜入! 普段は見られない貴重な光景にマニアも大コーフン!隠し味のバルサミコ酢が効いた名物列車の絶品ハヤシライス!超リアルな巨大ジオラマの裏側とは?などの放送内容でした。くわしく見ていきたいと思います。




ヒルナンデス!鉄道博物館 出演者情報8月25日日テレ

8月25日放送の「ヒルナンデス!」で紹介されたのは、今年7月にリニューアルした鉄道博物館。レポーターは陣内智則さん、川北麻友子さんの金曜ヒルナンデスレギュラーに加え、吉川正洋(ダーリンハニー)さん、私立恵比寿中学校の吉川とぁぃぁぃこと廣田あいかさんと、タモリ電車クラブのようなノリで放送されていました。

ヒルナンデス!鉄道博物館、基本情報8月25日日テレ

住所:埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番

電話:048-651-0088

交通アクセスなど、詳しい情報は鉄道博物館HPにてご確認ください。

ヒルナンデス!鉄道博物館立ち入り禁止エリアレベル1車両ステーション8月25日日テレ

立ち入り禁止エリア、レベル1として紹介されたのは、メインのフロアである「車両ステーション」。ここには明治の蒸気機関車や新幹線の第1号など、教科書にも載っている貴重な歴史車両が展示されています。

そんな車両ステーションの立ち入り禁止エリアレベル1は寝台特急ブルートレイン「あさかぜ」の車内。こちらは昭和39年開通の下関~東京間を走った実際の寝台車両。普段は公開されていない車内に入り一同大興奮となりました。

そのあと立ち寄ったのは、鉄道博物館内の「トレインレストラン日本食堂」。

ここでは、スペシャルハヤシライス1600円を紹介。使われる食器は北斗星で実際に使われていた食器で、80年前から受け継がれる伝統の味を堪能していました。

トレインレストラン 日本食堂の情報

住所:埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47 鉄道博物館内1F

電話:048-653-6263

ヒルナンデス!鉄道博物館立ち入り禁止レベル2 EF55車両228月25日日テレ

次にやってきたのは、伝記機関車EF55ムーミンの展示スペース。ここでは、普段は係員しかできない転車台の操作を体験していました!

 

そのあと、立ち寄ったミュージアムショップでは、売上ナンバーワンのお土産として、鉄道博物館限定の「石炭あられ」が紹介されました。見た目は石炭にそっくりなあられで、石炭の黒さを表す材料には竹炭が使われているそうです。

 

ヒルナンデス!鉄道博物館立ち入り禁止レベル3巨大ジオラマ8月25日日テレ

そして次にやってきたのは7月にリニューアルされた巨大鉄道ジオラマ。23m×10mの架空の町を再現した巨大なジオラマは鉄道博物館の目玉の一つ。リニューアルで仕切りが無くなり、より近くでジオラマが見られるようになりました。

 

ここでは立ち入り禁止レベル3として、巨大鉄道ジオラマの裏側に潜入!

 

一般の人は絶対に入れない鉄道ジオラマの裏側が公開。テレビ初公開となります。

 

こちらの鉄道ジオラマの裏側には、メンテナンスjの為の引込み線が引かれた、メンテナンスルームを公開。ジオラマの中を走る鉄道模型には、1両五万円もする真鍮モデルのものもあり、そのメンテナンスの様子も公開されました。




 

↓↓鉄道博物館の情報が満載のこちらもどうぞ!↓↓