9月12日放送の「林修の今でしょ講座」によると、食中毒が出やすい時期は真夏ではなく、9月。9月は夏の疲れが出て、免疫力が低下し食中毒が出やすい時期なんだそうです。正しい知識があれば大丈夫、ということで食中毒対策を紹介。

怖い菌その1「O157」!o157を防ぐ正しい焼肉の仕方。




O157は牛肉の表面にしかいない⇒○

O157は熱を加えれば死滅する⇒○ わずかな菌でも食中毒になるのが怖い。

O157は冷凍保存すれば死滅する⇒× 寒さや酸に強いので胃酸を通過し腸で毒素をくる。

O157のリスク防ぐ焼肉の食材の袋のつめ方⇒肉とその他の食材は別々の袋に入れる。牛肉から出るドリップによる汚染を防げる。

O157のリスク防ぐ焼肉の正しい盛り付け方⇒生肉を触った箸で野菜を触らない。生肉は最後に盛り付け。肉と野菜は別の皿に。O157は水で洗えば落ちる。

O157から身を守る焼肉の正しい焼き方は?⇒生肉はトング、皿に移すときはお箸を使う。生肉に触れた箸を口に入れないのが鉄則。しゃぶしゃぶだと箸が煮沸消毒されるので大丈夫。

75度以上で1分過熱すればOK、肉が白くなるのが目安。ホルモンは特に注意。タンは両面に火を通す。レバーはしっかり焼く。




怖い菌その2「腸炎ビブリオ」魚介類に注意

腸炎ビブリオはほとんど夏にしかいない⇒○

食中毒になる腸炎ビブリオの数は⇒100万個、しかし増殖スピードが速いので2時間で増殖。刺身を買ったら早く帰ること。

魚に付いた腸炎ビブリオを減らす調理法は⇒水道水で丁寧に洗うのがよい。アルコールは効果なし。塩を振ると菌が増殖する。口の中やエラも洗うと効果的。

冷蔵すれば菌は減るが0にはならない。

怖い菌その3「黄色ブドウ球菌」お弁当に注意

黄色ブドウ球菌は人についていることが怖い。健康な大人の2割は持っている。嘔吐や下痢に襲われる。

黄色ブドウ球菌のリスクが高いのは⇒パンよりおにぎり。食中毒の4割はおにぎりが原因。

黄色ブドウ球菌が増えるのを押さえるご飯の炊き方は⇒酢を入れて炊くと食中毒予防になる。ご飯が酸性になるから。菌は酸に弱い。酢飯にすればさらによい。

お弁当に入れるサラダは⇒マヨネーズをかけるとサラダが酸性になってよい。梅干も酸があってよいが、周りにしか効果がないので刻んでご飯の上に散らすのがよい。

朝作ったお弁当はレンジで過熱すれば毒素が消える?⇒× 黄色ブドウ球菌で作られた毒素は100℃で20分過熱してもダメ。

お弁当を食べるタイムリミットは?

作ったときの菌の数によるが、作ってから4~5時間経つと要注意。作るときに手をよく洗うことが重要。(お弁当に菌を付けないことが大事)