9月16日、23:55からの「有吉反省会」に出演される旺季志ずかさん。数々の有名ドラマの脚本を手掛けてこられた方だそうです。 旺季志ずかさんとはどんな方なのか?どんな反省をしどんな禊を受けるのか?

今日はしーちゃんことおうきしずか先生がテレビに出るよ。有吉反省会🤗🤗🤗髪の毛の色変えたことハッピーちゃんのこと話すのかな?




有吉反省会に出演!旺季志ずかとは?

9月16日放送の有吉反省会に出演される旺季志ずか(おうきしずか)さんは数々のヒットドラマを手掛けた脚本家です。プロフィールをご紹介します。

旺季志ずか(おうきしずか)プロフィール

職業:脚本家・小説家

出身地:徳島県阿南市

居住地:神奈川県

血液型:B型

最終学歴:立教大学卒業

所属事務所:吉本興業

旺季志ずかさんは数々のヒット作を生み出している脚本家として活躍されています。

旺季志ずかさんが手掛けた作品としては、

「カラマーゾフの兄弟」

「女帝」

「ストロベリーナイト」

「正義の味方」

「特命係長 只野仁」

「トイレの神様」

「佐賀のがばいばぁちゃん」

など、どれも大ヒットした作品ばかりです。

脚本家としてだけではなく、小説家としても活躍されていて、2015年の小説デビュー作「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」は、発売5日で5万部を突破するなど大ヒット。エンタメ自己啓発という新しいジャンルを切り開いたと大きな話題となりました。

2017年に発表した「臆病な僕でも~」の姉妹編ともいえる小説「虹の翼のミライ」は、映像的な描写とラストが「泣ける」と女性を中心に大人気となり、6万部のヒットとなっています。

旺季志ずかさんは心理学や自己啓発にも精通し、多数のカウンセリングやセラピーの資格を持つ他、その知恵を物語に織り込んだエンタメ自己啓発というジャンルを確立するなど、マルチな才能で活躍されています。

旺季志ずかの年齢やアムウェイとの関係は?

旺季志ずかさんのプロフィールからも判るように、彼女の本名や年齢は非公開となっていて、謎多き女性として話題になっています。

有吉反省会に出演!旺季志ずかの反省は?

旺季志ずかさんの反省内容は