9月23日に放送された「月曜から夜ふかし2時間SP」で紹介された「サーモン科学館」の情報をお送りします。主役のサーモンよりも人気!「チョウザメ口パク体験」ができる日本でも珍しいサケの水族館です。




「標津サーモン科学館」は北海道標津郡標津町にあるサケ科魚類展示種類数「日本一」を誇るサケの水族館です。

この「標津サーモン科学館」では、世界に生息しているサケの仲間18種30種類以上が展示されていて、サケ科魚類展示数は日本一。サケの誕生から産卵までサケの生涯を観察することが出来ます。

この「標津サーモン科学館」の目玉の一つが、「チョウザメの口パク体験」!あの世界3大珍味のチョウザメです。

水槽の中に指を入れると、大量のチョウザメが寄ってきて指をパクパク!チョウザメは歯がないので、口パクされても安全なんだそうです。

この「チョウザメの口パク体験」不思議な感触が気持ちがいいということで大人気のアトラクションとなっています。

標津サーモン科学館の施設情報

所在地:〒086-1631 北海道標津郡標津町北1条西6丁目1番1−1号

TEL:0153-82-1141

開館時間:9 : 30 〜17 : 00(入館受付は16:30まで)

開館期間:2月1日〜11月30日(5〜10月は無休)。2、3、4、11月は水曜日休館。ただし水曜日が祝日の場合は翌日休館。12月〜1月は閉館。

入館料金:小中学生200円、高校生400円、一般610円、シルバー(70歳以上)500円。(20名以上団体割引有。年間パスポート有。)

交通アクセス:中標津空港から車で20分、中標津空港からバスで40分