9月26日放送「たけしの家庭の医学」、「脳の老化を止める科」で認知症予防について「脳を老けさせない新事実」が紹介されました。脳を老けさせない脳内物質とはNGF!このNGFが脳の老化を左右するということで大注目を集めています。

 




 

 

脳内物質NGFとは?

 

 

このNGFとは、誰にでもある脳内物質で、脳の神経中枢をつかさどります。残念ながらNGFは加齢とともに減っていきます。NGFの減少が、物忘れや認知症と大きな関係があると考えられていて、NGFをいかに減らさずに、脳を若々しく保つのかに注目が集まっています。

 

 

脳内物質NGFと記憶力の関係は?

 

多くの場合、NGFは加齢とともに減っていくのですが、中には歳をとってもNGFが減らず脳が若々しい人もいます。唾液に含まれるNGFを測定してみると、NGF量は記憶力テストの結果と比例していて、NGFが脳の機能と深く関係しているというデータが番組では示されていました。

 

 

脳がどのように物事を記憶しているのかというと、脳の神経細胞ごとに断片的に記憶がしまわれていいて(例えば「顔の特徴」「名前」「背格好」「話し方」などが別々に記憶されている)、各々の神経細胞がネットワークで繋がることで、全体を記憶しているのだとか。

 

 

顔は分かるが名前が思い出せないタイプの物忘れは、老化により、このネットワークのつながりが切れてしまう「脱落」が起こるのが原因。NGFはこの脱落を修復することができると考えられています。

 

タオル1枚でNGFを増やす方法とは?

 

NGFを増やすには、脳の血流を上げることが大切。ウォーキングなどの運動習慣が効果的なんだそうです。しかし、ウォーキングなどの運動をしなくてもタオル1枚でNGFを増やすことができる方法があるんです。

 

その画期的なNGF増量法とは、「手足など末端の神経を刺激する」方法。手足の刺激が脳に伝わり活性化すると、脳の血流が増え、NGFが増える可能性があるということです。

 

方法は簡単!手のひらをタオルで軽くこするだけ!これだけでNGFが増え、物忘れが改善する可能性があります。1日10分程度が目安。

 

たけしの家庭の医学で検証!タオル1枚で物忘れが解消?!

 

番組では、両手でタオルを挟みスリスリするだけの「手のひらタオルマッサージ」を1日10分好きな時間に行なう検証を実施しました。

 

すると、検証4日目でNGFがなんと2倍に!記憶力に確かな変化が現れました。

 

手間も掛からずタオル1枚でできる物忘れ解消法!物忘れにお悩みの方は試してみる価値アリですね。