9月26日放送「たけしの家庭の医学」全身の老化を止める科で長寿ホルモンDHEAが紹介されました。全身が老けない秘密を探るのは、京都府京丹後市、100歳以上の人口が全国平均の約3倍というご長寿タウン。百歳が多い京都府京丹後市で全身が老けない秘密を探るとDHEAが注目されました。




血液検査など、2000を超える調査項目から、長寿に繋がる秘密を発見。調査した7名の方に共通した項目は、DHEA(身体を若く保つホルモン)の値が高い。

DHEAを増やすことができれば、いつまでも若さを保つことができる?!

長寿ホルモンDHEAとは?

DHEAは副臓から分泌されるホルモン。

血管を守る働き。コレステロールを防ぎ、動脈硬化を防いでくれます。

骨を守る働き。骨粗しょう症を防止してくれます。

誰にでもあるホルモンで思春期にピークを迎え、その後は減少する。DHEA分泌量が減少するスピードを緩やかにすることが老化を防ぐことに繋がります。

DHEA分泌量を増やすには?

100歳にして40代なみDHEAの人も!京都府京丹後市のご長寿の生活習慣にDHEA分泌量を増やす秘訣がありました。

ある方は趣味でお面作り、30年で100個製作、週に3~4日はお面作りに没頭。過去に生きず今を楽しむ。高齢になっても趣味や生きがいをもつことが大事。魚・野菜・果物中心の食生活も大事。

ある方は70歳で退職後、水彩画にのめり込み本格的に描くように。その他に最近海釣りに新たに挑戦を始めました。釣りの道具を自作する工夫も。

ほとんどの方が様々な趣味を持ち、人に頼らず、自分の事は自分でやることを心掛けていました。

DHEAはストレスに弱い特性があり、ストレス過多はDHEAを激減させるため、趣味でストレスを軽減すると効果がある。

ビタミンCを多く取る。副腎の機能低下を予防する効果がある。食生活が大事。野菜や果物を豊富に取りビタミンCを着実に摂取することがDHEAを増やす効果が期待できます。