「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」9月28日に放送されるハナタカの内容について先取りして調べてみました。実演で役立つハナタカ技ぞくぞく紹介!新米が美味しく炊ける研ぎ方!?バナナは置き方を工夫するだけで腐りにくくなる!?番組ではどんなハナタカが紹介されるのでしょうか?




ハナタカ優越館9月28日のハナタカ、新米が美味しく炊ける研ぎ方

水をはった容器に、米を一気に入れます。米が最初に水に触れると臭いをすぐに吸収するので、先に水を容器にはってから、米をいれ、すぐに手でざっとかき混ぜましょう。

米の表面についた糠や、油が水に浮いてきますので、濁った水はすぐに捨てるようにします。スピードが肝心です。ひと息に行いましょう。

次に米の研ぎに入ります。米粒と米粒をすり合わせ、アリウロン層の残留物をとるのが目的。

古米の場合は臭いが残らないように、手の付け根でギュッと押して研ぐのですが、新米の場合は小指を立て、力を入れずに円を描くように軽く研いだので十分。研ぐというよりも水で「洗う」という感覚でOKだそうです。

新米をおいしく炊くのに気をつけたいのは「水加減」新米はや古米より柔らかいので水加減や水に浸す時間を減らすことが重要。

水加減はいつもの分量より10%ほど減らす。目安としては、炊飯器のいつもの目盛りの線の1mm~2mm下くらい。炊飯器によって、お好みによって加減しましょう。

水に浸す時間は20分程度。冷たい水で炊くことも重要です。

番組では、最初の水はすぐに捨てることが重要。ミネラルウォーターで炊くとオイシイことが紹介されました。

ハナタカ優越館9月28日のハナタカ、バナナの腐りにくい置き方

バナナをテーブルなどに置くと、接触した部分が黒ずみ、そこから腐ってしまいます。それを防ぐには「バナナを吊るす」のがベスト。房の根元から引っ掛けて吊るし、風通しの良い場所に常温保存(15℃~20℃)するとバナナが腐りにくいです。

バナナを吊るすには専用の「バナナスタンド」があると便利です。

バナナスタンドが無く、バナナを吊るして保存できない場合はバナナを山形に置くと接触面が少なくなり腐りにくくなります。


※https://xn--ruqt3z0li9lh.com/%E3%83%90%E3%83%8A%E3…より引用

ハナタカ優越館ではさらにバナナが腐らない方法を紹介!エチレンガスが出るので、バナナは1本1本に分けてラップで包み、冷蔵庫の野菜室にいれておくと長持ちするそうです!