10月31日放送「林修の今でしょ!講座3時間スペシャル」で「筋肉貯金」について特集されました。「長生き」と「筋肉」の関係を学ぶ特別講座!健康長寿の「筋肉貯金」に繋がる歩き方、運動、食べ物を大発表!

つまずかない!転ばない!足腰の筋肉を強くする方法が続々登場!健康長寿の秘訣「筋肉貯金の貯め方」について番組で紹介された情報をまとめました。




林修の今でしょ!講座 健康長寿の秘訣!肉などと一緒に食べると筋肉を作る効率が2倍になるものは?10月31日

筋肉貯金に必要なのは、毎食たんぱく質を多く採るということ。

肉だけでは筋肉は育たない。 たんぱく質+糖質(ご飯とか)を同時に摂取すると筋肉の合成が2倍違う。マッチョ界ではたんぱく質+糖質は常識で、プロテイン+オレンジジュースなど糖は筋肉貯金には必需品だそうです。と言っても糖質の摂りすぎはダメで例えば100gのたんぱく質(肉)にはと160gの糖質がベスト。

例えばお肉100gに対してご飯が茶碗に一杯。デザートなどで糖質をとる場合はご飯を減らして調整する必要があります。

さらに糖質は吸収が早いと太りやすいので、糖質の吸収を穏やかにする工夫が必要。ベジファーストしながら食すと筋肉貯金に良いそうです。

林修の今でしょ!講座 健康長寿の秘訣!姿勢をよくすると腹筋が鍛えられる?!10月31日

筋肉貯金には姿勢を良くする事!正しい座り方を1分間するとなんと腹筋を15回したのと同じ効果が得られるそうです。

姿勢が悪いと肩こりや腰痛の原因、ひどいと骨まで影響が!骨が弱くなり圧迫骨折も!

筋肉貯金をしている人の座り方は

・背もたれに寄りかからない

姿勢がよいと腹直筋や腹横筋など、いわゆる「腹筋」が鍛えられるそうです。

そこで気になるのは、どんな姿勢、座り方がいいのか?という事ですね。

番組では腰痛や肩こり、首の痛みなどを引き起こすいわゆる「ダメな姿勢」が紹介されました。

腰痛や肩こり首の痛みにはワーストな座り方は?

第3位 頭を肩よりまえに出して座る 肩こりや首に痛みあり

人間の頭の重さは約6kg、それを私たちは首で支えています。

姿勢が垂直なら首や肩に掛かる負荷は6kgですが、姿勢が前に15度傾けばその負荷は実に12㎏に跳ね上がります。

さらに危険なのは姿勢が60度前方に傾けば、27㎏もの負荷が!

その大きくなった負荷が肩こりや首の痛みに繋がるわけですね。

第2位 背もたれに寄りかかる 腰に痛みあり

背もたれに寄りかかった状態はいわゆる脱力状態で筋肉が全く使われていません。使っていない筋肉が衰え背骨に負担が掛かってしまいます。

第1位 背もたれに寄りかかり頭を前に出す

第1位の「背もたれによりかかり頭を前に出す」3位と2位の悪い部分をあわせた複合型で最悪の組み合わせになります。こんな座り方をすれば、体の広範囲に痛みが出る恐れがあります。

そこで知りたいのは正しい座り方とはどういうものなのかというところですよね。番組では筋肉貯金がふえんる正しい座り方が紹介されていました。

筋肉貯金が増える正しい座り方は?

1.骨盤の中にある坐骨の上に均等に体重を乗せるイメージで座る

2.鼻から息を吸って空気が多くはいる姿勢を覚えておく(悪い姿勢と比較すると分かりやすい)

美しく歩ける!腸陽筋を鍛えるエクササイズ

1.正しい姿勢を保つ

2.上半身を動かさず足を上げる上げる時に息を吐く。

3.左右各10回

きついときはかかとを上げるだけでもOK

体を柔らかくして腰が曲がるのを防ぐ

林修の今でしょ!講座 体を柔らかくして腰が曲がるのを防ぐ10月31日テレビ朝日

筋肉はなにもしなければ30歳をピークに減り始めるそうです。

そうならないためにも筋肉貯金を増やすためには運動が必要!といっても特別なものではなく、普段から簡単に出来る運動で筋肉貯金がたまるそうなんです。

実際、健康長寿な人は日ごろから気を使ってちょっとした運動をしているそうです。

ご長寿がやっている運動ベスト3は

第3位 体操 ラジオ体操がよいが正しくやらないと

下手をすると一日1回も伸ばさない、背中をそらす運動を意識して

体が硬いと姿勢が悪い歩幅が狭くなる転ぶ

一日3回やると体が柔らかくなる!筋肉貯金体操

1伸びをする

2後ろに倒す




林修の今でしょ!講座 肩こりがないご長寿は水泳をしていた10月31日テレビ朝日

番組では、健康長寿の人が普段からやっている運動の第2位は水泳ということでした。

水泳は肩甲骨廻りが柔らかくなり、肩こりを予防することができるそうです。

肩こりになりやすいかどうかをチェックする方法

1.小さく前にならえの姿勢をとる

2.そのまま腕を広げる

3.肩まで広がれば合格

さらに番組では水泳をしなくても肩こりに聞く効果的な体操を紹介していました。

一日1分で肩こりに効く筋肉貯金体操

1.腕を上に伸ばす

2.りんごをとる(イメージで動作をする)

3.りんごを後ろに置く(イメージで動作をする)

4.1~3の動作を1回5秒×左右×6セット

林修の今でしょ!講座 ○○で歩くと筋肉が勝手につく?!10月31日テレビ朝日

健康長寿の秘訣には、しっかりと歩けるということが大事。

しっかり歩けないと、つまずき⇒転倒⇒骨折 で最悪寝たきりに恐れもあります。!

しっかり歩けない原因は下半身の筋肉の衰え。

実は全身の70%の筋肉が下半身に集中しているので、下半身を鍛えることが効率よく筋肉貯金を増やすことに繋がります。

実際、健康ご長寿の方々が普段やっている運動では、

第1位 歩く

健康で長寿の方の大半が歩くことで下半身の筋力がアップを図っていました!

ただ歩くだけでは意味がない。歩き方が大事。

下半身の筋肉は別名「第2の心臓」と呼ばれる。筋肉の収縮が血流を促進する。

特にふくらはぎの筋肉が重要

筋肉貯金がたまる正しい歩き方は?

健康長寿が気を使っていることは、

3位 背筋を伸ばして歩く

2位 階段の上り下りをする 

1位 大股で歩く

林修の今でしょ!講座 健康長寿の秘訣!筋肉貯金の貯め方とは?10月31日テレビ朝日

⑦大またで歩く

正しい大股歩きの方法は?

いつもより半歩から一歩大股に

お尻の筋肉を意識して歩く

腹筋に力を入れる

肘を曲げず後ろに引く

意識すれば、勝手に筋肉貯金が増えていく

正しく歩くことが正しい姿勢につながり筋肉貯金に繋がる