11月14日放送の「たけしの家庭の医学」で「新型腰痛」が紹介されました。長引く腰痛の原因はこれかも?治らない腰痛の10人に1人と言われている「新型腰痛」についての情報をまとめました。




たけしの家庭の医学 治らない腰痛は新型腰痛かも?11月14日テレビ朝日

体の悩み男性1位女性2位、しかも85%は原因不明。その原因のなかに潜むのが「新型腰痛」だということが最近分かってきたそうです。

たけしの家庭の医学 治らない腰痛は新型腰痛かも?11月14日テレビ朝日

こんな症状なら新型腰痛かも?新型腰痛には一般的な腰痛とは異なる特徴があるそうです。

新型腰痛特有の特徴

・突然、腰の中心部にキリで刺されたような強い痛みが起こる (一般的な腰痛は腰全体に鈍い痛み)

・横になった状態で痛みが強くなる。

・寝返りなどのちょっとした動きで激しい痛みを誘発する。

・足に違和感、足の様々な部分に電気が走ったような痺れを感じる

・レントゲンやMRIなどの画像検査に異常が映らない。

・痛み止めや麻酔が効かない。

たけしの家庭の医学 治らない腰痛は新型腰痛かも?11月14日テレビ朝日

お尻のあるポイントを押すと強烈な痛みが走ることで原因が判明!

多くの場合「原因不明」と診断されてしまう新型腰痛の本当の原因は、腰ではなくお尻の神経だった。

殿皮神経障害

殿皮神経が骨盤にこすれて痛みがでていた。殿皮神経は非常に細いため、画像に映らない。

手術で殿皮神経がこすれないようにすることが可能なので、自分の腰痛が新型腰痛かどうかを判断することが大切になってきます。




たけしの家庭の医学 治らない腰痛は新型腰痛かも?11月14日テレビ朝日

これまで見つけにくかった、新型腰痛を見分けるチェック法と予防改善法が紹介されました。

新型腰痛のチェック法

・殿皮神経の位置を確認。

・ウエストのすぐ下、背骨から左右指5本分当りの部分を押してみる

・お尻の割れ目指3本分の部分を押してみる

強い痛みがあるようなら新型腰痛の疑いがあります。

新型腰痛の予防改善法は?

新型腰痛の予防改善法として効果的なのは「お尻ゆるゆるストレッチ」

お尻ゆるゆるストレッチのやり方は、

・硬めの床にあおむけになる

・片方の足を反対側にひねる

・ひねった足を押さえ、20秒かけて伸ばす

・気持ちいいと感じる程度に行なうのがポイント

・反対側も同じように行なう。

・お風呂上りに10分ほどゆっくりと行なうと効果的。

このお尻ゆるゆるストレッチによって、お尻の固まった筋膜などが伸ばされ、殿皮神経が骨盤に当るのを予防・改善する効果があります。

強い痛みが出る場合は無理をしないで下さい。