11月19日放送「林先生が驚く初耳学」で薬の保存方法「室温」と「常温」が紹介されました。林先生も初耳だった、その違いとは?




林先生の初耳学 薬の室温と常温の違いは?11月19日TBS

かぜ薬の扱い方、「室温」と「常温」の違いは?

かぜ薬など、薬のラベルの注意書きをみると、保存方法に「室温」「常温」と書いてある。これを間違えると、薬の効力が正しく発揮されない場合がある。

室温の定義は1℃~30℃

常温は15℃~20℃

日本薬局法で定められている。小児用のシロップなど温度管理を間違えると薬の成分が変わってしまうものもあり注意が必要。

林先生の初耳学 薬の殺菌と滅菌の違いは?11月19日TBS

滅菌は菌が生存する確率は100万分の1と定義。ほぼ全滅

殺菌は特定の菌を殺すだけでもよい。1%でも菌を殺せば表示できる。