11月19日放送「林先生が驚く初耳学」で林先生が暴論「小中学校の友人関係なんてクソみたいなもの」を紹介しました。林先生が共感したポイントは?ドライな人間関係を




林先生の初耳学11月19日小学校の人間関係はクソ!TBS

プレジデントオンラインに掲載された記事。林先生が共感したポイントは

大切なのは、今仕事をしている人

40歳の男女に聞いた小学校の友人と会う回数は、9割が年に1回以下という調査も。

この記事のメインテーマは学校のいじめ問題。いじめなどで自殺してしまうほど悩むことはもったいない。所詮小中学校の友人なんて、大人になったら1年に一回会うか会わないかという関係。人生は長いストーリーだということを子供に伝えるべき。

小中学校の友だちなんて不要だと(´・ω・`) いじめを苦に自殺したり不登校になったりする子に対して、大人になれば年に一回会うか会わないかの相手の為にそんなに悩まなくて良いと。 深いな(´・ω・`) でも、子どもにとっては学校が全てだから、そう簡単に割り切れるかな?

林先生の初耳学11月19日小学校の人間関係はクソ!TBS

ドライな人間関係を子供にも習得させよ。

社会人になるとドライな人間関係でやっていくことが多い。

本当に大切な人だけ大切にすれば、きっと幸せになる。と人間関係に悩む子供にもっと気楽になってほしいというのがこの記事の真意。