11月21日放送「林修の今でしょ!講座」で紹介された「かぜの予防法&治し方」についてまとめました。お医者さんが実践しているというかぜの予防法なので、かぜがはやるこれからの季節の参考にしてみてはいかがでしょう?




林修の今でしょ講座かぜの予防法7~4位は?11月21日TBS

お医者さん100人が実践しているおすすめのかぜの予防法&治し方がランキングで紹介されました。

7位 朝ホットヨーグルトを食べる

腸内環境の悪化を防ぐ。乳酸菌が効果的。温めると乳酸菌が活性化する。善玉菌の増加で免疫力アップ!温かい豆乳も効果的。体温が上がって免疫細胞を活性化する効果もある。必要なときに体温を上げることが大切。

ホットヨーグルトの作り方

目安は30℃~40℃

600ワットで30~40秒温めるだけ。63℃以上にしてはダメ(乳酸菌が死滅する)

腸を元気にするマッサージ

おなかを「の」の字にマッサージ

6位 洗濯物はで部屋で干す

洗濯物の湿気を利用して湿度を保ち風邪のウィルスを撃退。湿度40%以上でウィルスが落下する。加湿器を使う場合は置く場所がポイント

加湿器を置くのにベストな場所は、「高い場所」低い位置にあると口や鼻に湿気が届かない。顔の高さにおくのがよい。

口呼吸を改善するあいうべ体操

乾燥といえば、口の中の乾燥もかぜの原因に、口呼吸はかぜをひきやすい。鼻呼吸にすると口の乾燥、ウィルスの侵入を防ぎ、鼻の温度が上がりかぜに掛かりにくくなる。

舌の位置が上がると口が自然に閉まるので下の筋肉を鍛える。

「あいうべと」いいながら口を大きく開け、舌を出す。深呼吸も大切。

5位 朝起きたらすぐ歯みがきする

寝起きの体からウィルスを追い出してくれる効果がある。

危険なウィルスは寝ている間に増殖。そのまま食事をするとかぜに感染する危険が。プロテアーゼがかぜウィルスのたんぱく質の膜を分解して感染力がアップ。
マウスウォッシュでもOK。

温かいものを飲むのも効果的。

4位 寝るときにマスクをする

寝ている間に乾燥すると粘膜にダメージをうける。マスク湿度を60%に調整するのもあり。6帖の部屋にタオル1枚程度の濡れタオルを干す

林修の今でしょ講座かぜの予防法&治し方番外編11月21日TBS

あえてかぜをひくのもかぜの予防法の1つ。かぜの最強のワクチンは軽いかぜを引き、抗体を作るのも効果的。

林修の今でしょ講座かぜの予防法&治し方特別編11月21日TBS

普段から漢方を飲むのが効果的。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)41番 

林修の今でしょ講座かぜの予防法ベスト3!11月21日TBS

3位 豚の生姜焼きを食べる

かぜをひきそうなときに食べると効果的。生姜のショウガオールが胃腸を刺激し体の内部から熱が生まれる。豚肉のビタミンB1が免疫細胞をサポートしてくれる。

体温アップと免疫力アップが期待できる料理。辛い料理は汗をかいて体が冷えるので要注意。

梅干もかぜ予防に効果的。梅リグナンという成分が菌の繁殖を防止してくれる。梅酢でのうがいもいい。梅が苦手な人は、梅干のペーストを絡ませた「梅入りから揚げ」がおすすめ。

2位 緑茶でうがいをする

かぜ予防の定番「うがい」をお茶ですると効果的。緑茶のカテキン・フラボノイドがウィルスの増殖を防いでくれる。

カテキンの量が多くなるお茶は熱いお湯で淹れたあと、ぬるま湯程度まで冷まして使うとよい。20分に1回程度が効果的だが、うがいできないときはお茶を飲むだけでも効果がある。

鼻うがいをする場合は塩水がよい水100gに塩1g。

1位 帰宅後、手だけではなく顔も洗う

かぜの予防には、手だけでは不十分。ウィルスを減らすには徹底的に。

林修の今でしょ講座かぜの治し方!ベスト5!11月21日TBS

予防していてもかぜをひいてしまった場合は?お医者さんがやっているかぜのひき始めに効果的な「かぜの治し方」ベスト5はコチラになります。

5位 温めたバナナを食べる

かぜのひき始めに効果的。バナナのファイトケミカルという成分が温めると体の免疫成分を活性化してくれる効果がある。

皮をむいたバナナ1本、600ワットで30秒~40秒あたためる

4位 ハッカ飴をなめながらお風呂に入る

鼻水やせきに悩む人にオススメ。お風呂は鼻のせん毛の働きが戻るので風呂上りにすぐ寝られるなら入ってもいい。頭は洗わない方がいい。

ハッカ飴のメントールは炎症を取る作用がある。

体温を上げる簡単なヨガのやり方

指ヨガ 指先を押し合うと血流があがる

呼吸は鼻でゆっくりと大きく。指だけを押し合い呼吸。親指から順番に押し合い小指までいけば終了。

ラクダのポーズ

両手は骨盤の位置

息を吐きながら上体をそらす

脇をしめながら3回呼吸

3位 おかゆに青ネギをいれて食べる

ネギの青い部分にあるアリシンという成分には強い殺菌効果がある

2位 自分の体格に合わせて漢方薬を飲む

かぜの初期に効く漢方薬は葛根湯だけではない。自分に合った漢方薬を選ぶのが大切。

麻黄湯(まおうとう 27番)がっちり向け

葛根湯(かっこんとう 1番)

麻黄附子細辛湯(まおうぶしけいしんとう)

桂枝湯(けいしとう)年配向け 一番やさしい

かぜをひいたと思ったらすぐ飲むことが大切。飲むと汗をかくのでわかる。

西洋薬は熱を下げる成分が入っているので、完全にかぜをひいた場合は西洋薬がよい。

お医者さんと相談しながら漢方薬と西洋薬を上手に使い分けることが大事

1位 20分ウォーキングする

軽い運動で体温が上昇し、免疫細胞が活性化する。じっと休んでいるより効果的。

自分のペースで疲れないように20分歩く。