11月26日放送「林先生が驚く初耳学」の林の白熱教室で「ネット検索でバカになる」という過激な説が紹介されました。「ネット検索ばかりしているとバカになる」を林先生徹底解説! 使い方を間違えるととても危険なネット検索の上手な使い方を林先生が実践!「ネット検索の極意」を紹介します。




林先生の初耳学!ネット検索でバカになる?とはどういうこと?11月26日TBS

「ネット検索ばかりしてるとバカになる」情報を得るためにネット検索するのに何故バカになるのか?アカデミックな方法で調査した例を紹介。

筑波大学・逸村教授の実験によると、読書時間ゼロの学生と読書時間1日2時間以上の学生に同じテーマで論文を書かせた結果、読書ゼロの学生の論文はほとんどコピペだったという調査結果が。

対して、普段から読書をしている学生の書いた論文はしっかりと自分の文章で書かれた「論文」になっているものが多かったというのです。

さらに東京大学・教養学部が2015年に公表したショッキングな事実が!

提出されたあるレポートの約75%がネットからのコピペだった。

なんと「あの」東大生も75%がレポートをコピペしていたというのです。

林先生曰く、文章は「構造体」1つ1つの文章の意味をきちんと理解して、うまくつながなければ全体としてのまとまりに欠けてしまいます。

「コピペ」に慣れてしまうと、自分にとって難しい情報は選ばなくなり、情報を自分の都合で取捨選択するようになってしまう。

情報を感覚的につなぐようになってしまうと、論理的な思考ができなくなってしまうのではないかというのが、林先生の指摘。

文章の論文展開には熟練の技術が必要。文章の1個1個の意味をまとめるには本を読むことが必要。しかし「本を読む」ということについても衝撃的な事実が!

林先生の初耳学!日本から書店が消える?!

全国の2割に当る400以上の市町村には1軒も書店が無い事態になっている。ネットで手軽に本が買えるようになったという構造的な問題。

書店でふらふらと本を選ぶことも大事。一見時間のムダとも思えることが大切で「寄り道、余剰それが知だ」と林先生は力説。無駄なくピンポイントで買えるネットは知ではない。