「有吉ゼミ・古民家カフェのコーナー」で紹介された、香川の匠「もり家」に学ぶ究極のぶっ掛けうどん作り。奇跡のコシを生むうどん作りの極意が紹介されました。究極のうどん作りを教えてくれたのは、森田真司さん。うどん作りに挑戦したのは水トアナと林やたい平さん!讃岐うどん作りの極意とは?

 




 

有吉ゼミ・古民家カフェで紹介!究極のうどん作り

 

讃岐うどんといえば、練った生地を足で踏んでコシを出す製法が有名ですが、森田さんによると、ただ力任せに踏めばいいというものではないそうです。

 

30秒踏み1時間寝かすを5回繰り返す。優しく踏むことでグルテンが生まれ奇跡のコシが生まれます。

 

出来上がった生地を4mmに伸ばす。ここにも讃岐うどんのこだわりが!秘技「すかし打ち」。讃岐うどん独特の製法で、生地を麺棒に巻き付けたまま、とんとんと叩きつけながら伸ばすのがコツだそうです。

 

伸ばした生地を専用の機械で切ったら、いよいよ茹でに入ります。

 

ゆで時間は15分、茹で上がったら、素早く冷水でしめると角が立ったコシの強い麺が。グルテンが豊富だと、うどんが四角くなる、いわゆる「角が立った」状態に!

 

番組では究極のぶっかけうどんを作るために、大根おろしにもこだわっていました。

 

ぶっ掛けうどんに欠かせないふわふわの大根おろしは職人技が光るおろし金で!

 

こだわったのは、ふわふわの大根おろしが作れるおろし金!プロの料理人がこぞって使うおろし金職人さんから学んでおろし金を自作していました。

 

最後は究極のぶっかけうどんをご近所のみなさんと一緒に!

 

水トアナ特性のかき揚げをのせたぶっかけうどんに舌鼓を打っていました。アレンジメニューのトマトうどんも美味しそうでした!

 

香川の匠・もり家のうどんの通販情報

 

有吉ゼミ・古民家カフェで究極のぶっかけうどんを教えてくださった香川の匠・もり家さんのうどんを味わってみたい方、香川に行かなくても通販で買えるようなのでご紹介します。

 

 

 

有吉ゼミではあれだけ手間隙かけて作った究極のうどんがこれなら自宅で手軽に食べられます!

 

たっぷり6人前で、うどんつゆも付いていますので、あとは自宅で茹でるだけ!湯で時間には注意ですね。クール便の送料が無料なのもうれしいです!