9月28日放送「ハナタカ優越館」で紹介された魔法の言葉の情報をまとめました。魔法の言葉でハナタカに解決!怪しいセールスの電話をウマく断る一言!?旅行会社でお得情報が聞けちゃう一言!?




魔法の言葉、セールスの電話をウマく断る一言

しつこいセールスの電話が掛かってきた場合、や訪問販売が来たときは、「実は私、同業者なんです」と言えば、効果的に断れる確立が上がる。時間の無駄と思わせることが大切。

魔法の言葉、旅行会社でお得情報が聞けちゃう一言

旅行会社の担当者がヤル気を出してくれるたった一言の魔法の言葉は、「実は今回、急に休みが取れたので」確実に旅行に行く意思があることを伝えると、旅行会社ならではのサービスを教えてくれるかも。

予約の時に「ハイフロアサイン(高層階割当)でお願いします」ホテルの部屋がグレードアップするかも?専門用語を使って同業者を演出。

魔法の言葉、空港で荷物が早く出てくる一言

空港で手荷物を預ける際に、「ドアサイドでお願いします」ドアサイドとは貨物室の扉付近のこと。コンテナに積まずドア付近に積まれるので必然的に早く荷物が出てくる。

魔法の言葉、お寿司屋さんかっこよく見せたい一言

注文の際に「まずは並で」というと通に見られるのと一緒に使いたい言葉。

かっこよく食事の終わりを伝えるには「そろそろ巻物ください」というとお寿司屋さんに「通」だと思ってもらえる。

昔からシメに使われている。

番外編でケンコバさんが紹介した言葉。若者が「5000円くらいで」と事前に予算を伝えておくと、予算以上のサービスが受けられることが多いそうです。(お寿司屋さんの心意気?!)