11月12日放送「林先生が驚く初耳学」で紹介された「初耳」な情報をまとめました。林先生も知らなかった初耳なお話!明日自慢して話せるさまざまな初耳が紹介されました。




林先生が驚く初耳学11月12日放送まとめ!絵画の初耳学

モネの87億円の睡蓮の絵がずっと上下逆さまに展示されていた!他のモネの作品の睡蓮の葉の形をみて間違いに気づいたのが日本人だった。

林先生が驚く初耳学11月12日放送まとめ!自動販売機の初耳学

最新の紙コップの自販機で味が混ざらないのは、全て紙コップの中で調理されているから。材料の投入口を紙コップが移動して投入される。そして、かき混ぜ棒を調理のたびにお湯で洗浄しているので絶対に味が混ざらない。

林先生が驚く初耳学11月12日放送まとめ!農業の初耳学

日本のフルーツが美味しい理由。梨の実を減らす作業には「葉果比(ようかひ)」という全国共通のルールがある。実1個:葉30枚

果物によってそれぞれ葉果比が決められている。

林先生が驚く初耳学11月12日放送まとめ!勘違いの英単語の初耳学

栗は英語でマロンではなく、チェスナット。マロンはフランス語。マロングラッセの登場で英語と勘違いされている。

林先生が驚く初耳学11月12日放送まとめ!写真の初耳学

明治時代の女性が写真を取るときに流行った可愛らしいポーズは、「手を隠す」着物の袖に手を隠すポーズが流行った。手が小さいのが美人と考えられていた。

林先生が驚く初耳学11月12日放送まとめ!陸上の初耳学

100m歴代記録からドーピング違反の処分者を除くと「ウサイン・ボルト」だけになる!