11月22日放送「ガッテン!」で「においトレーニング」のやり方が紹介されました。嗅覚についての最新研究でいろいろな健康との関係がわかってきました。食欲がない、やる気がでないなどは嗅覚の低下が原因かもしれません。鼻の力、嗅覚を鍛えるための情報をまとめました。




ガッテン!嗅覚と行動の意外な関係11月22日NHK

香りで行動が変わることが最新の研究で明らかに。せっけんの香りをかぐと自然に掃除をしてしまう。香りを意識していなくても、実意識に行動していた。

その謎は「においと脳の関係」にある。においをかぐと脳の真ん中にある海馬(記憶)・偏桃体(感情・行動)を刺激していた。においが記憶や行動を起こすきっかけになっていた。

ガッテン!あなたは大丈夫?嗅覚チェック11月22日NHK

目隠しをしていろいろなニオイを当てる嗅覚チェック。目隠しをすると意外なほど臭いがわからなくなる。食パンやリンゴ、お茶のにおいがわからない。

嗅覚は番組の実験では30代をピークに、最新の研究では20代をピークに衰えていくという統計が出ています。においをキャッチする「嗅神経細胞」が年とともに減っていくのが原因。

ガッテン!嗅覚の衰えによる体の影響は?11月22日NHK

人間の嗅覚が衰えると以下のような影響がでるそうです。

・食欲が無い

・外出が面倒

・元気が出ない

・人づき合いがいやだ

こんな影響が出ている方は、もしかすると嗅覚の衰えが原因かもしれません。心身に意外な影響がでることが研究で明らかになってきています。

・時間がゆがむ(時間にメリハリがなくなる)

・筋肉量がへる

・虚弱体質になる

という調査結果も!

嗅覚の衰えは自覚しにくいのでわかりにくいことが深刻。視覚があるので匂いがしていると錯覚して嗅覚の衰えに気づかない。

カレーやメントールなどの臭いがわからない方は一度病院へ。早く臭いがわからないことを自覚することが大切。

嗅覚の衰え⇒食欲不振⇒体調不良⇒精神的な影響も。

ガッテン!嗅覚を鍛えるにおいトレーニングのやり方は?11月22日NHK

いろいろな弊害が起こる鼻の力、嗅覚の衰え。嗅覚を回復させる方法があるそうです。その方法とは?

「犬になったつもりで何でもニオイをかいでみる。」

「嗅いで嗅覚回復」 脳を刺激し、脳内回路のネットワークが回復する。

何のニオイか分かった上で、意識して嗅ぐことが大切。

日常から意識して嗅げば嗅覚の衰えを予防することができる。