11月29日放送「戦後重大事件の新事実」で2014年9月27日「御嶽山噴火被害」が特集されました。死者・行方不明者63人! 戦後最悪の火山災害…現場では一体何があったのか? 山頂に残された人々が証言!御嶽山噴火被害から学ぶ、噴火から生き延びるには?




戦後重大事件の新事実2017~御嶽山噴火発生から3年~被害に学ぶ生き残る方法は?11月29日TBS

登山客を突然襲った御嶽山の噴火の恐怖は次の通り

・噴煙による呼吸困難。視界が奪われる。空からの救助も困難

・噴石 御嶽山の死傷者には噴石の直撃によるよるものが多数

・溶岩・噴煙の高温 火砕流の温度は約100℃

戦後重大事件の新事実2017~御嶽山噴火発生から3年~被害に学ぶ生き残る方法は?11月29日TBS

噴火時の安全な避難場所の確保。各火山では、山小屋への噴石対策 屋根の強化やシェルターの新設が進んでいる。

「噴火速報」をスマートフォンで配信するようになった。火山が噴火した場合、5分以内に登山者に情報が配信される。

噴火警戒レベルの表示が変わった。レベル1が「平常」から「活火山であることに留意」に変更